ぎっくり腰 痛み

慢性的に腰部左側に痛みがあり、疲労時は特に痛みが強い。


10代終わりにぎっくり腰を起こし、以来腰部の痛みを抱えている。
出産後が特にひどく頻繁に動けなくなるほどのぎっくり腰のような症状を繰り返した。重いものを抱えたり立ち仕事が続くと患部周辺に炎症を起こしそれが引き金で大きな症状が出てしまう。

 

そんな状態を繰り返しているうちに段々と痛みやしびれが左大腿〜膝部まで広がるようになり、強い痛みが起こるとコルセットが手放せなくなる状態。整形外科や整骨院で受診したこともたびたびあるが、その場限りの処置や投薬に終始し根治には至らず、また長く続くリハビリなどについて終わりが見える説明を受けることもなく、大きな炎症(ぎっくり腰)を起こして通院しても痛みが落ち着くとすぐに通うのをやめてしまう。

 

痛みの緩和について病院でも整骨院でもそれぞれで言うことが食い違い、どうすれば痛みがなくなるのかわからず仕舞いで正直そういった専門家の言にも不審を抱いてしまう。現在は腰部周辺の炎症が起こらないよう留意し、痛みが強くなる場合は自己流の痛み緩和を施し日々やり過ごしている。

根本的解決はほぼ諦めている。


現在はよほどの事でない限り大きな痛みが起こる前は察知することができるので、痛みの元の腰部周辺の炎症が起こらないよう腰に負担のないよう留意し、保冷材で冷やしたり、また眠るときなどは冷やさないよう腹巻やカイロで温めたりする。

 

姿勢の悪さが炎症を起こす大きな一因になるので腰に負担のかかる姿勢は避け、また正しい姿勢が保てるよう下半身や腰回りの筋力を保持し、上半身のストレッチなどを心掛けている。寝具は固すぎず軟らかすぎない布団を選んでなるべく横向きの姿勢で眠るようにしている。

 

最近肩こり解消のためにネットで見つけた肩甲骨のストレッチを取り入れ続けているが、肩こり解消に効果がある他、上体を伸ばすことにより腰部のストレッチになり痛みがなくなるわけではないが腰が伸ばされ気持ちがいい。肩甲骨を回し、両手を頭の上や床にそって伸ばしたりすることで腰部が伸縮しよい刺激になり、やや痛みが和らぐ気がする。続けていればよい効果が得られるのではないかと期待している。