ぎっくり腰 腰痛

ぎっくり腰のあとずっと痛みが残っている


20代のころにした仕事上でのぎっくり腰をして3週間ほど起き上がれず、薬局に売っているぬり薬でその時は治したが30代で2度目のぎっくり腰。2度目も一週間ほど起き上がれず、仕事も休んで療養した。出産後、3度目のぎっくり腰。
実家にお願いして子供の面倒を見てもらいながら、安静にして2週間ほどで家に戻れたが、病院では入浴後に軽く体操をしてと湿布薬だけを処方され毎日かかさず体操しているにも関わらず一向に良くならない。寝ている間も痛くて眠れなくて寝不足が続いている。

 

現在は重いものを急に持たないように気を付けているが、いつぎっくり腰にまたなるか心配で仕事も選んでやらざるを得ない
しかし子供も大きくになるにつれ体重も増え抱っこをしないといけないため、腰痛はよくならない。腰痛がなかなか治らないため運動不足解消と腰痛改善のためのジョギングなども出来ないので、なかなか改善せず湿布薬や体操だけではすぐにはよくならない。

出産後の骨盤矯正で解決


テレビでやっていた体操ですが椅子に軽く腰をかけ肩幅くらいに足を軽く広げる。両手で足首を掴んだまま腰をあげる。その際に胸と太ももはくっつけて離れないように気を付ける。太ももの裏が痛気持ちいいぐらいで腰をあげるのを辞め(無理をしない程度)そのまま10秒数える。これを2セット行う。2セットで1セット。これを朝と夜に1セットずつ行う。
腰痛は運動不足からも関係しているので効果的に運動不足からくる腰痛を和らげるには足の裏にある筋肉を和らげること。この方法が一番早く効果的だそうです。この運動で一回でも腰痛によく効くので欠かさず行うと腰痛が劇的に改善される。

 

この方法と女性では骨盤矯正を行うと良くなります

 

骨盤矯正が出来ない場合は体が温まっている時、入浴後などにストレッチなどを行うと固まっている筋肉がほぐされるのでストレッチなどで筋肉をほぐすようにすると少しずつですが、腰痛が軽くなるし、ぎっくり腰などの再発を抑えられるそうです。