腰痛 体勢

鈍痛


寝起きに痛いのと、同じ体勢で立ち続けると痛みが増します。

 

寝起きに痛いのは、猫と一緒に寝ているので寝返りが打てず、無理な体勢で朝を迎える時があり、そんな時は寝起きに身体を起こそうとすると腰に激痛が走る時があります。じゃあ、猫と寝るのをやめれば?と言われることも多いんですが、ベッドに来る猫を追い払うことは出来ないので、できるだけ楽な体勢で抱っこするようにしていますが、それでもそのまま寝てしまうと身体が固まってしまい腰に負担がかかり、朝起きる時に無理に身体をよじるのでそれが悪循環に繋がっているような気がします

 

同じ体勢で立ち続けている時に痛む時は、最初は背中全体が張るような感じで痛くなりだし、その後その痛みが段々と腰に集中してくるような感じです。痛くなると腰回りを動かしたりしていると楽になりますが、段々と立っていること自体が苦痛なくらい痛くなる時があります。曲げたり伸ばしたりしても効果がない時は座り込みます。すると少しは楽になりまた動けるようになります。

生活改善と姿勢を正して


ずっと床生活だったのを、テーブルと椅子の生活に変えました
床生活でいた時は冬場などはこたつにクッションなので、そこでパソコン作業をしていると無意識のうちに段々と姿勢が悪くなり背中が丸まり、それが腰への負担が繋がっているように思います。それをテーブルと椅子生活に変えることによって、丸くなりがちな背中を意識してまっすぐに保ち、姿勢の悪さの改善を目指してます。

 

あとは腰痛に効くというストレッチや体操などをYouTubeで検索して定期的にやっています。足を上に掲げてゆらゆらと左右に揺らす運動は、その翌朝の寝起き時の腰痛が少し軽減されます。
ヨガも腰に良い体勢を友人に教えてもらい実践中です。
どちらもやった時は効果がありますが、継続しないと意味がないのと、やはり普段の生活による姿勢を矯正しないと根本的腰痛改善にはならないと思います。それでも腰痛が酷い場合は整骨院で診察を受け、姿勢矯正をしてもらう予定です。